就職支援の制度を上手に活用する

経済情勢の先行きが見えない中、再就職を支援するための方策として国が取り組みを始めています。厚生労働省の求職者支援制度は就職支援の制度の一つです。雇用保険を受給できない状態で仕事探しをしている人が、職業訓練を受けて技術を身につけられるようにしているものが求職者支援制度です。支援制度の概要はまず無料の職業訓練を実施します。本人や世帯にどのくらいの収入があるか、現在の資産がどのくらいかによって、職業訓練を受けやすくする給付金が出されます。ハローワークでの就職活動と、職業訓練による技術力の向上によって、自分に合う仕事が見つかるようサポートします。求職者支援制度を利用するには、特定求職者という条件をクリアすることが求められます。ハローワークへ求職の申し込みをしていること、雇用保険被保険者や受給者ではないこと、労働の意思と能力があること、職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークの所長が認めたことなどです。ハローワークと連携している民間機関で、職業訓練を受けます。コースの終了までには、三~六カ月がかかるようです。具体的なコースについては厚生労働省のホームページで確認することができます。本心から働きたいと思っている人が、ハローワークの就職支援を使うことができます。この支援を利用することで、就職したいという目的を達成していきましょう。