カテゴリー別アーカイブ: 健康

りんご酢ダイエットとは

案外多いのが、ダイエットにリンゴ酢を利用する人です。りんご酢はりんご果汁を醗酵させてつくる酢で、特有のさわやかな甘味とすっきりとした酸味がポイントです。とても飲みやすいのでダイエットに非常に役立つリンゴ酢は、米酢や黒酢ほどの鼻をつく酸味が無いようです。りんご酢にはアミノ酸やクエン酸は豊富に含まれており、新陳代謝を促進し、体脂肪の燃焼を促進する効果が期待できるのでダイエットに利用できます。ダイエットのために有酸素運動をする場合にも、疲れをとる効果があるので活用できます。今の食習慣では塩分をたくさん摂ってしまいがちなので、リンゴにもともと含まれているカリウムが多く含まれているリンゴ酢は非常に良いものです。利尿作用がカリウムにはあるようで、むくみや高血圧にも有効だといいます。りんご酢は腸内の善玉菌を活発にし、腸内環境を整えるペクチンも豊富です。腸のぜんどう運動を活発にするペクチンは、食物繊維の一種だといいます。りんご酢を飲むことで便秘の解消にもよい効果が得られます。効果的に脂肪が蓄積するのを防ぐことが、ペクチンによってできるのは、腸内の栄養をゆっくりと吸収し血糖値の上昇を遅らせることができるからです。リンゴ酢によるダイエット方法がおすすめなのは、厳しい食事制限や体に負担のかかるハードな運動よりも、健康的で合理的にダイエット効果を得ることができるからです。

関節痛のサプリメントの選び方

関節痛サプリメントだけの話ではありませんが、サプリメントには様々な種類があり、どれを使えばいいか迷ってしまうことが多いようです。関節痛のサプリメントの選び方についてポイントをお教えします。グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンといった栄養成分が、関節痛の改善効果があるものとして知られています。栄養成分の中でも、主要成分に使われる事が多いのがグルコサミンとコンドロチンという軟骨の修復成分です。関節痛対策にサプリメントを使う場合は、グルコサミンだけを配合したサプリメントではなく、コンドロイチンも含んでいるものが効果が高いと言われています。コンドロイチンとグルコサミンの両者を効率良く摂取できるサプリメントを使うことで、関節痛の改善効果がより得られます。体重が60㎏の場合、グルコサミンの1日の摂取量は1500mg、コンドロイチンは1200mg程度が望ましい量であるとされているようです。関節痛のサプリメントの選ぶ時に、栄養成分の1日の摂取量を基準に商品を選びましょう。法律により、どんな成分が入っているかは書かねばなりませんが、分量は書いていないものもあります。きちんと書いていない商品も多くあります。軟骨の修復や補給のためにサプリメントを摂取するという時は、内容をしっかり確認することが大事です。記載している成分表に目を通して、関節痛対策に必要な成分をサプリメントで確保できるか調べましょう。

腰回し体操はダイエットに効果的

ダイエット効果のある運動には様々なものがありますが、簡単にできるのが腰回し体操です。腰回しダイエットは骨盤のゆがみを整える体操の1つで、ウエストやお尻周りの脂肪を効率よく燃焼させることができます。インナーマッスルを使う運動ができることも腰回し運動の魅力です。インナーマッスルを鍛えるとバランス感覚が良くなり、美しい姿勢を保ちやすくなるでしょう。腰回し体操によって骨盤が適切なポジションにおさまることによって女性ホルモンの分泌が活発になり、美容にもよい影響があります。腰回し体操によって呼吸が深く穏やかになるために副交感神経の働きもよくなり、気持ちも落ちつきやすくなります。呼吸をしながら腰回し体操をすることで有酸素運動ができますので、脂肪がより燃えやすくなります。腰回し体操は基本さえつかんでしまえば誰でもできる簡単な体操です。体をリラックスさせ余計な力を入れずに背筋を伸ばします。お尻を心もち突き出すようにして、腰で大きく円を描くようにしてゆっくりと腰を回転させていきましょう。突出しすぎに注意しながら、横から始めて次第に前へと移動させます。腰回し体操は左右ワンセットとして10回行いましょう。腰回し体操は、どんな人でも家が手軽にできるダイエットです。腰回し体操によるダイエットが人気があるのは、毎日の習慣にすることできれいで健康に痩せられることです。

プロテインダイエットに使用するプロテインの選び方

最近は、プロテインを使ったダイエット方法が関心を集めています。ダイエットに用いるプロテインの選び方はどんなものでしょう。プロテインダイエットで使用するプロテインはたんぱく質のことですが、体内においては筋肉、内臓、皮膚、髪の毛などに含まれる成分です。この頃はプロテインダイエット用に売られているプロテインの種類も豊富になってきているため、選択基準がわからないという方もいるようです。プロテインの選び方の一つの基準としてあげられるのは、たんぱく質をどれくらい含んでいるかということです。プロテインダイエット用のサプリメントと記載されていながら、たんぱく質の量が多くない商品もあります。もしもプロテインをダイエットのために使うなら、プロテイン70%以上配合のサプリメントを選ぶと安心できるでしょう。ダイエットに使うプロテインを選択する時は、原材料にも注意をしましょう。サプリメントの原材料に使われているプロテインには、大別すると2種類です。ひとつは大豆プロテインで、アミノ酸バランスに優れています。大豆は腹持ちが良いので、ダイエットに利用することに適している点もメリットです。牛乳など乳製品に含まれているたんぱく質からつくられるものがホエインプロテインで、ホエインは乳清ともいいます。ホエイプロテインは、アミノ酸バランスが良いだけではなく、免疫力をアップさせる成分も入っています。飲みやすく、風味もいいので、毎日飲み続けやすい種類のプロテインといえるでしょう。プロテインサプリメントを活用して、ダイエットを成功させていきましょう。

汗がたぎるように出る

しかし、もう夏ですね。梅雨も明けたしまた灼熱の夏がやってきますよ。すでに部屋にいてもクーラー付けないと汗がたぎるように出て大変ですからね。風呂上りなのに汗びっしょりで臭くなるくらいですから(笑)笑えませんね。。

それにしても夏外で仕事している人達は凄いですね。汗びっしょり書きながら作業して、日焼けして、そのあとのビールは美味しそうだけど、でも僕は3日と持たないだろうなぁ~。

無理してでも外に出て太陽の光を浴びたり、運動して汗をかいたりしないとPC作業がメインの仕事だから不健康になってしまうんですよね。曜日を決めて外に外出したりすることが大切ですねぇ。

水泳のダイエット効果

水泳はダイエットに良いとよく耳にしますが、具体的にはどのようなダイエット効果があるのでしょうか。水泳は、カロリー消費が高くダイエット効率のいい運動です。体重55キロの女性が1時間歩いて消費するカロリーは120キロカロリーだそうですが、水泳の場合には平泳ぎ1時間で600キロカロリー消費するといいます。クロールを1時間すると、1000kcalものカロリーを使うことができます。また、水泳は全身に水圧がかかります。水圧は、およそ1.3トンに達するといいます。水泳中の水圧によって血液の流れや代謝が良くなるので、腹筋や背筋など全身の筋肉が陸上での運動よりも鍛えられるようです。水の中は、水圧のほかに水の抵抗があります。水の抵抗に逆らって体を動かす時は、陸上の10倍の力が必要になります。かなりの抵抗のおかげで腕を動かしたり水中ウォーキングをするだけでも、運動効果がアップしダイエットに効果的です。体の深層にあるインナーマッスルを効果的に鍛えることができるともいいます。肥満体型の人がダイエットをしようとジョギングやランニングをすると、関節に負担がかかってしまうことがあります。水泳の場合は、水中で浮力がかかるので膝や腰への負担が少ないので、健康的なダイエットにはもってこいの運動です。下半身に体重が乗る心配もないため、下半身太りを避けることができます。温水プールでも、体温より温度設定は低くなっているものです。体温が奪われることによって体温を保とうとしてエネルギーを燃やそうとするのでさらにダイエット効果が期待できます。週に何回かの水泳をするようにすれば、ダイエットに役立てることができます。