カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

就職支援の制度を上手に活用する

経済情勢の先行きが見えない中、再就職を支援するための方策として国が取り組みを始めています。厚生労働省の求職者支援制度は就職支援の制度の一つです。雇用保険を受給できない状態で仕事探しをしている人が、職業訓練を受けて技術を身につけられるようにしているものが求職者支援制度です。支援制度の概要はまず無料の職業訓練を実施します。本人や世帯にどのくらいの収入があるか、現在の資産がどのくらいかによって、職業訓練を受けやすくする給付金が出されます。ハローワークでの就職活動と、職業訓練による技術力の向上によって、自分に合う仕事が見つかるようサポートします。求職者支援制度を利用するには、特定求職者という条件をクリアすることが求められます。ハローワークへ求職の申し込みをしていること、雇用保険被保険者や受給者ではないこと、労働の意思と能力があること、職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークの所長が認めたことなどです。ハローワークと連携している民間機関で、職業訓練を受けます。コースの終了までには、三~六カ月がかかるようです。具体的なコースについては厚生労働省のホームページで確認することができます。本心から働きたいと思っている人が、ハローワークの就職支援を使うことができます。この支援を利用することで、就職したいという目的を達成していきましょう。

転職活動での面接のポイント

面接官がどんな部分に注目して選んでいるかということを知れば、転職活動における面接はうまくいきます。面接担当者にどこを見てもらうかを考えましょう。多くの場合面接のときに重要だと思われるのはコミュニケーション能力で、会社によってさまざまポイントになる部分はありますがそこは共通しているかもれません。ビジネスの場では、知識や能力も重要ですが、人にものを伝える力や人からものを引き出す力も重要です。コミュニケーション能力を転職活動の面接の中でアピールするために重要なのはその場ですぐ対応して話す能力です。大事なのは1つの質問に対し簡単な受け答えをするのではなく自分なりに工夫して答えること、考えていなかった質問でもしっかりと対応できることなどです。新卒とは異なり、転職者の場合にはすぐに会社で使える人材が求められています。職務経験や、今まで培ってたスキルをわかりやすくまとめることができるかが大事です。しっかりと面接時に過去の仕事経験や転職のきっかけをわかりやすく話すことができるようにしておいたほうが良いでしょう。自分の強みを要領良く話せるかどうかで、転職への熱意ややる気を相手に伝えることがが決まります。面接に成功するかどうかのポイントは、素の自分をわかりやすく伝えることなのです。結局のところは、転職してきたあなたと仕事がしたいと面接官に思ってもらえるかどうかということになるでしょう。

高卒で仕事をはじめる人の場合

高卒で就ける具体的な仕事について調べてみました。事務関係の仕事は高卒の求人でも比較的多い職種になります。一口に事務といっても内容は様々ですが、高卒でも可となっている事務は、一般事務や会計事務などが含まれています。必要な知識としては、計算力や文書作成などがありますが、最近では仕事でパソコンを使用する事が必須となっている会社がほとんどです。事務といっても、営業のサポートをすることが目的の営業事務という仕事も存在しています。高卒者が就ける仕事として多いものに、販売職があります。平たくいうと店員のことです。具体的にどんな仕事をするかは、販売する商品によって会社ごとに差があります。職種だけで決めるのではなく、会社や業界の事についても、しっかり調べた上で、就職先を選ぶようにした方が賢明です。ものづくりの仕事にも、高卒で就職する人は多いようです。工業系の高校から就職する人が大多数を占めます。主に製造業の企業からの求人が多く、工場に勤務して、生産業務や製品管理などに関わる仕事をします。資格を取得する機会の多い仕事であり、専門的なスキルを得るチャンスもたくさんあるようです。学歴社会と呼ばれて久しい日本では、最終学歴によって就職後の待遇に差があるのは否めないことですが、以前ほど学歴重視で無くなって来ているのも事実です。これまで経験した仕事の内容や、資格のほうが、高卒か大卒かといったことより重要な決め手になる傾向が出てきています。