ワキガ手術の傷跡は残るのか?

ワキガ手術の傷跡は残るのか?


hlt018b-s.jpg

【ワキガ改善プログラム】

ワキガで鬱だった私が回復しています
あなたはワキガで消極的な性格になってませんか?
人生一度切りだから、楽しみたいですよね?
だったら、この方法で自宅でワキガ消しましょう!
»Tシャツで堂々と町を歩けるほどワキガを消せた方法


ワキガを手術で治療する方法がありますが、気になるのは傷跡です。

その残り方については個人差があり、事前に予測できないそうです。
ワキガ手術にも数種類ありますが、現在最も多いのは、剪除法と呼ばれる手術です。
これは、皮膚を切り開き、皮膚下にあるアポクリン汗腺を手作業で除去します。
アポクリン汗腺とは、ワキガの原因となる汗を発する腺です。
これは、イクラの卵のような形で症状が重い人ほど、大きいのが特徴です。


剪除法にしても、どうしても皮膚を切り開くため傷跡が残ってしまいます。
体質によって傷跡の残り方は異なります。
多くは白い傷跡が残るそうですが、元々腋の下は皺が多く、徐々に目立たなくなる人が多いようです。
しかし、ケロイドの症状が重い体質を持つ人など。
その場合、回りに傷跡が赤く盛り上がったりするケースもあるようです。


現在、最も傷跡が残らない手術は、超音波治療法です。
これは、手術痕は1針程度で、ほとんど傷跡が残らないのが特徴です。
超音波治療法では、1針程度開いて、そこから超音波発生器を入れてアポクリン腺を破壊します。
この際、アポクリン汗腺だけでなくエクリン腺も破壊するそうです。
破壊した汗腺を吸引して取り除き、傷口を塞ぐことが一連の流れです。


汗腺を破壊する際は、アポクリン汗腺だけでなくエクリン腺も破壊し、取り除くそうです。
そのため、多汗症などの治療にも超音波治療法は活用されています。
手術時間も平均30分程度と、身体に対する負担も少ないといわれます。
産婦人科で胎児の診断に使われる超音波で、安全性も高いのが特徴です。


手作業の手術では、後遺症などの心配もあります。
手作業ですので、細胞組織に傷をつけてしまいかねません。
今では医師の技術も進み、こういったことは少なくなっているそうです。
その点、超音波治療は周波数を特定して汗腺類だけ破壊する技術が可能だそうです。
その点から、従来のワキガ手術よりも後遺症が残りにくく安全性が高いと言われています。


ただし、まだまだ歴史が浅い超音波手術です。
超音波手術を行う医院が少ない事や、医師の経験が浅い事など。
もちろんデメリットも存在します。


あくまで手術は最終手段です。
クリニックを訪れる患者さんの中には、手術が必要ない程度の人も多いそうです。
自分で自分のニオイを気にするあまり、ノイローゼ気味になる人もいるらしいです。


クリニック選びの基本としては、カウンセリングの質です。
ワキガの人の悩みを聞き、的確にアドバイスしてくれる信頼できる医師を選びましょう。
善良な医師であれば、簡単に手術を勧めたりはしないでしょう。
信頼できる医師による重症判断があった時に初めて脇が手術について考えましょう。


ワキガ手術する前に出会えてよかった
»ワキガで鬱だった私が明るくなれた!ワキガを消す方法


ワキガ対策de臭い予防ホームページへ
ワキガで悩まないで
PR:育毛 ワキガ/Copyright 2006~ ワキガ対策de臭い予防 All Rights Reserved