ワキガ手術の種類

ワキガ手術の種類


hlt018b-s.jpg

【ワキガ改善プログラム】

ワキガで鬱だった私が回復しています
あなたはワキガで消極的な性格になってませんか?
人生一度切りだから、楽しみたいですよね?
だったら、この方法で自宅でワキガ消しましょう!
»Tシャツで堂々と町を歩けるほどワキガを消せた方法


ワキガ手術の方法にも種類があります。

大きく分けると以下の4種類の手術法が存在します。


【種類1】 切除法
わき毛が生えている部分を切除してしまう手術です。
一番単純な手術ですが、後遺症の心配が高い手術でもあります。
脇下の皮膚をそのまま取り除く手術のため、傷跡が大きく残ってしまいます。
また、運動障害などの後遺症になる危険性も指摘されています。


【種類2】 吸引法
わきの下の皮膚を数ミリ切り取り、そこからエクリン腺やアポクリン腺を吸引する手術です。
美容整形などで使われる脂肪吸引の応用です。
切除法のように傷跡が残りにくいメリットはあります。
しかし、アポクリン汗腺やエポクリン汗腺を全部取り除くことは困難だそうです。
そのため、術後でも臭いがなくなっていないケースが多いそうです。


【種類3】 剪除法
数センチの切り込みを数本入れ、皮膚を裏返しアポクリン腺を切り取る手術です。
※一般的に剪除法については多くの場合ワキガ手術に保険が適用されます。
美容外科クリニックなどでは適用されないところもあります。


【種類4】 超音波法
脇の下の皮膚に穴を開けて直径2ミリほどの超音波管を挿入します。
そして、汗腺のみを破砕します。
その後、破砕した汗腺を吸引することで臭いの元を無くします。
吸引法を更に進化させた手術であり、現在最も最先端の技術だと言われます。
早ければ両腕で30分程度で終わります。


ワキガ手術にも様々な種類があります。
あくまでも手術は最終手段であり、まずはしっかりと医師に相談しましょう。
ワキガに関しては、過剰に気にしすぎる場合が多々あります。
実際には、軽い症状であり、手術の必要など無い場合もあります。
良心的な医師により重症だと診断された時に、ワキガ手術について考えて見ましょう。


ワキガ手術する前に出会えてよかった
»ワキガで鬱だった私が明るくなれた!ワキガを消す方法


ワキガ対策de臭い予防ホームページへ
ワキガで悩まないで
PR:育毛 ワキガ/Copyright 2006~ ワキガ対策de臭い予防 All Rights Reserved