« 口内炎は歯茎にも出来る | メイン | ストレスで口内炎が出来る »

【口内炎をハチミツで治す】

口内炎をハチミツで治す方法が昔から言い伝えられています。

口内炎には、「ハチミツ」が一番だと言う人がいます。
現在では、口内炎用の市販薬などもありますので、そちらで治す人が殆どでしょう。
しかし、民間療法であるハチミツ治療も無視できません。


実際に、家のハチミツを綿棒で口内炎患部に塗ってみました。
激痛が走る人もいるようですが、私の場合それほどでもありませんでした。
症状の進み具合にもよるのでしょう。
むしろ甘い味が美味しかったです。
よく考えると、ハチミツって最近食べる事ないなぁと思いました。


ハチミツには、強力な殺菌作用があるそうです。
強力な殺菌作用により、腐りにくいのも特徴です。
昔から虫刺されなどにも使われてきた歴史があります。
ハチミツを溶かしたハチミツ水でうがいするのも、風邪予防になるそうです。


また、ハチミツにはビタミンBやミネラルも豊富に含まれています。
口内炎、特にアフタ性口内炎の原因に、ビタミンBの不足が挙げられます。
ハチミツによって、不足しているビタミンBを補う事が出来ます。
患部に塗るだけでなく、食することも治療に役立つと言われます。


口内炎に塩を塗るなどの、民間療法は数多く存在します。
効果も個人差があるでしょうから、一概には言えません。
ただ、昔の治療薬が無かった頃の治療法ですので、現在は市販薬(ケナログ)もあります。
私個人の意見としては、素直に市販薬で治すほうが効果は高いと思います。
普段からの予防で、ハチミツを食べるのは良いかもしれません。

【ホームページ】
»口内炎専科ホームページ

copyright 2010 口内炎専科 All Rights Reserved