ハゲも食生活で改善できるチャンスあり

ハゲは遺伝するのか、そんなことをお盆やお正月の時期になり親戚の人たちを見るといつも考えてしまうという人も多いのではないでしょうか。

確かに親戚の方々を見るとわかるように遺伝的要素も多いにありますが、一方で生活習慣や食生活の乱れがハゲや薄毛の原因になることもあるのです。


髪の毛の主成分はたんぱく質。髪の毛を作りだす細胞が健康ならば、生えてくる髪の毛も健康です。その毛母細胞を健康な状態に保ち、ハゲの進行を防止するためにはどんな栄養素を摂取すればよいかをご紹介します。親戚のおじさまにもぜひ、ご紹介くださいね。


まずはタンパク質(肉・魚・卵など)、ビタミンA(レバー・うなぎ・ホウレン草)、ビタミンB2、B6(納豆・牛乳・レバー)、ヨード(ワカメ・昆布)などがそれにあたります。


いずれも髪の毛には良いものばかりです。ハゲや薄毛を遺伝だと決めて諦めないで、毎日の食生活から少しずつ変えていくことで、これら髪の毛の悩みは随分と減るでしょう。

copyright 2006~ 育毛王子 All Rights Reserved