人工植毛が難しい前頭部のM字脱毛

M字型に髪の生え際が後退していく男性型脱毛症の場合、顔の印象や雰囲気も変えてしまうため、気にしている方も多いですよね。


M字が後退していくにつれ、頭頂部も薄くなるのが、日本で最も多い脱毛タイプなのです。
1つの毛母細胞が発毛する回数って、個人差はありますが決まっているのはご存知ですか。
永遠に何度も繰り返し発毛できるわけでなく、使い切ってしまえば発毛しなくなるのです。


男性型脱毛症の場合、成長期がなくなって抜けてしまうことから、発毛の周期が早くなり、
一生分の回数を使い切ってしまうことでM字型脱毛が後退していくのです。


薄毛対策として毛を再生させる植毛という技術がありますが、
いままで、M字部分の植毛は難しいとされていました。
頭皮の移植をしても手術の跡が残ってしまったり、
直接毛穴に人口毛や毛の組織を植えても抜けてしまったり、
額の目立つ部分なので見たときに違和感があったりするのです。


最近では、医療技術も進化しており、最先端の高度な技術を用いて、
自分の頭部側面や裏側の一部の毛髪をM字部分に移植する自毛植毛があるのです。

copyright 2006~ 育毛王子 All Rights Reserved