ドライヤーで抜け毛予防

ドライヤーで抜け毛予防するために、正しい使い方を知りましょう。

ドライヤーは、強い熱を放出し、髪をすぐに乾燥させることが出来る便利な道具です。
女性だけでなく、男性の人でも毎日使う人は多いでしょう。


簡単にドライヤーのメリットを挙げてみましょう。

1、髪の毛がきれいにまとまる。
2、髪の毛が乾き、寝癖がつきにくい。
3、髪の毛が濡れた状態での雑菌の繁殖を抑え抜け毛予防になる、etc。

メリットが多いのでみんなに使われています。


しかし、毎日使う道具ですので間違った使い方をすると大変です。
ドライヤーの熱には髪の毛の「キューティクル」を傷つけるほどの力があります。
キューティクルとは、髪の表面を保護するウロコ状の組織です。
髪の毛をウロコ状に覆っています。


このキューティクルが傷つけられてしまうと、切れ毛や枝毛、抜け毛の原因にもなりえます。
そうならないためにも、ドライヤーの正しい使い方を理解しましょう。


と言っても、答えは簡単です。
熱で髪を傷めないために、シャンプー後は出来るだけ離してドライヤーをかけること。
これが一番大切です。
一部に長時間あて続けると髪は熱くなります。
この状態がキューティクルを傷つける状態です。
出来るだけ一箇所に集中せず、離して使いましょう。


あとは、ドライヤーの前にタオルドライで大方髪の水分を取っておきましょう。
これだけでも大分髪は乾燥します。
そのあとに優しくドライヤーしましょう。


ドライヤーをこのように正しく使えば、髪や頭皮の湿りから発生する雑菌も防ぐことが出来ます。
これはつまり抜け毛予防にもつながります。

copyright 2006~ 育毛王子 All Rights Reserved