薄毛と男性ホルモン

薄毛と男性ホルモンの関係について。
毛深い人は昔から男性ホレモンが強くハゲになる人が多いと聞きます。
また一方で、髪の毛以外の毛は男性ホルモンに支配されている。
なので、旺盛な人は毛深くなりやすい。
などなど。


まず初めに結論を言いますと、抜け毛の関係は解明されていません。
つまり、現代科学では、抜け毛を引き起こす要因であると解明されていないということです。
単純に、男性ホルモンを抑制すればいいのではないか?
そう考える人もいるでしょうが、それ自体は体に必要なものです。
抜け毛を引き起こす原因だから、いらない、というわけには行かないのです。


今現在言われている薄毛との因果関係について、簡単に紹介したいと思います。
まず、ホルモンというものは、睾丸(こうがん)などの臓器で作られ、血液に分泌されます。
この血液を通して、髪のエンジンとも言える毛乳頭に運ばれるわけです。
毛乳頭に運ばれたのち、含有物であるテストステロンを原料としてDHT(ジヒドロ・テストステロン)というたんぱく質を作ります。
このDHT(ジヒドロ・テストステロン)が薄毛を引き起こしている原因ではないかと考えられています。


薄毛を引き起こすジヒロドテストステロンの働きを抑制する育毛剤も多く売られています。
育毛剤の一つの働きで、ジヒドロテストステロンの抜け毛促進運動を抑制します。


男性ホルモンと抜け毛の因果関係。
現代の科学では完全に解明されていない謎の関係です。
copyright 2006~ 育毛王子 All Rights Reserved