爪水虫 初期症状の写真 

« 爪水虫のCM | メイン | 犬の水虫がうつる »

【爪水虫 初期症状の写真】

自宅で水虫治療するんだったらコレが良いです!
爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

爪水虫の初期症状の写真をアップします。

これは、皮膚科で爪水虫の初期症状だと言われたときの写真です。
(確定診断ではない)
tumemizumusi.jpg


縦に線が入っていますし、側面が黄ばんでいるのが分かります。
この写真は、爪水虫の初期症状の一つの例です。


爪水虫は、非常に厄介な水虫の一つです。
初期症状が分かりにくく、かゆみなども伴わない場合が多いです。
そのため、知らない間に進行しているパターンが多く見られます。


実際に、爪水虫に感染している人は、他の足水虫に感染している場合が多いです。
私自身がそうでした。
指水虫(趾間型水虫)の疑いがあったため病院(皮膚科)に診せに行きました。
梅雨のジメジメした時期でした。


案の定、立派な水虫でした。
しかも、想定外な事に、小水疱型と爪白癬の二つも指摘されました。
あくまで医師の肉眼による診断でしたので、写真が絶対に爪水虫とは言い切れません。
ただし、少し白癬菌がいる可能性が高いと言われました。
写真は、診断を受けた直後の写真です。


指水虫は一年前にも発症していました。
そのときは、ただの湿疹だと思い放置してました。
すると、自然と治ったのでテッキリ湿疹で間違いないと思っていたのです。
それが、翌年も同じようにジュクジュクになって臭かったので、水虫を疑いました。


多くの爪水虫内服薬にて治療されます。
パルス療法などの、医師のアドバイスと定期的な血液検査など。
副作用に注意した治療が行われます。
しかし、私のように軽度の初期症状段階の爪水虫の場合はクリームで治療されます。
皮膚科でも、抗真菌剤のクリームが処方されました。
初期症状であれば市販の薬でも治療は可能でしょう。


水虫は早めの対策が肝心です。
疑いがあるのであれば、まずは皮膚科で診てもらいましょう。

【ホームページ】
»足の水虫くん

PR:育毛

copyright 2010 足の水虫くん All Rights Reserved