爪白癬の手術 

« 爪白癬を市販薬で治せるか? | メイン | 指水虫の画像 »

【爪白癬の手術】

自宅で水虫治療するんだったらコレが良いです!
爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

爪白癬を手術で治療することは可能でしょうか?

現在は白癬菌の治療薬レベルも向上し、爪白癬に対しては内服薬治療が主です。
大昔は医療技術のレベルも低く、実際に手術を行っていた歴史もあるようです。


手術といっても、爪を剥がすだけの治療です。
これは超短絡的な発想で、爪を剥がせば白癬(はくせん)菌も取り除ける。
単純ですね。


しかし、爪白癬患者の多くは他の水虫も患っています。
爪が生えそろってくる頃には、他の患部から白癬菌が移り住んでいるでしょう。
白癬菌はケラチンというタンパク質を好みます。
爪にはケラチンが含まれており、白癬菌はすぐに寄生するのです。


爪に関しては、巻き爪の手術が有名です。
フェノール法という爪の幅を狭くする手術です。
爪白癬に関しては、手術よりも飲み薬による治療が主です。
体内から白癬菌を退治して爪水虫を治します。


内服薬は簡単に使うことが出来ません。
医師による処方箋が必要で、肝臓の機能障害などにより処方されない場合があります。
妊娠中なども処方してもらえません。


爪の水虫は、命にかかわるような病気ではありません。
しかし、放置しておけばドンドン進化していきます。
爪白癬は自然には死滅しません。
ベビーパウダーカビキラーなどの民間療法でも難しいでしょう。
何十年と水虫と付き合っている人も多いです。


しかし、爪水虫が悪化すると歩けなくなるほどの痛みになる場合もあります。
まずは恥ずかしがらずに、近くの皮膚科に相談しましょう。


---関連記事---
糖尿病に水虫は危険
水虫の治療費

【ホームページ】
»足の水虫くん

PR:育毛

copyright 2010 足の水虫くん All Rights Reserved