白癬菌の治療には時間がかかる 

« 白癬の治療 | メイン | 水虫を放置すると »

【白癬菌の治療には時間がかかる】

自宅で水虫治療するんだったらコレが良いです!
爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

白癬菌の治療には、大変時間がかかります。
一日、二日、薬を使えば治るような簡単な症状ではありません。
白癬菌とは、一種のカビ菌です。
足や手などの皮膚を好む、カビによる皮膚病です。


日本人の10人に1人が水虫に感染していると言われます。
決して珍しい症状ではありません。
年齢も老若男女、性別を問わず感染します。


人は一人では生きていけません。
色々な人と関わりを持ち、助け合いながら生きています。
その反面、目に見えない真菌などの水虫菌が感染してしまうこともあります。
特に家族に水虫の人が居れば、感染する確立は高くなります。


人の皮膚は約1ヶ月で剥がれ代わります。
そのため、水虫の治療には少なくとも1ヶ月は必要だと考えられています。
爪の水虫であれば、もっと時間がかかり6ヶ月以上必要です。


水虫には、活動期間と休止期間が存在します。
特に軽い症状の人に多く、湿度の低い時期には治ったかのように水虫が消えます。
夏場はジュクジュクだったのに、冬場になると綺麗になったかのように見えるのです。
薬を使って治療していた人は、治ったと錯覚してしまうでしょう。
しかし、翌年の梅雨時期に再発。
よくある水虫話です。


水虫は、億劫ですが医師に診せることがお勧めです。
素人判断で治療して治ることも多いでしょう。
しかし、治らずこじらせてしまう場合もあります。
痒くて深いな思いをするくらいなら、一度医師に観て貰い、適切なアドバイスを貰いましょう。

【ホームページ】
»足の水虫くん

PR:育毛

copyright 2010 足の水虫くん All Rights Reserved