爪の水虫 

« 角質増殖型水虫 | メイン | 小水疱型水虫 »

【爪の水虫】

自宅で水虫治療するんだったらコレが良いです!
爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

爪の水虫は、他の水虫に併発しやすい水虫です。
爪の水虫は、他の趾間型水虫などに比べて治りにくい水虫の一種です。
爪の奥深くまで菌が繁殖し、薬が届きにくいためです。


初期症状は、爪の先のほうが緑色になったり、異常な色に変色することから始まります。
他の水虫と違うところとして、あまり痛みなどを感じません。
そのため、放置してしまう人が多い水虫なのです。


しかし、放置しておくと水虫菌はどんどん繁殖してしまいます。
自分だけではなく、一緒に暮らす家族にも伝染してしまいます。
また、足だけでなく手の爪にまで伝染することもあります。
他にも、股下に出来るインキンタムシや、頭に出来るシラクモなど、体中のいたるところに水虫菌は繁殖します。


爪の水虫は、爪を住処としてドンドン繁殖します。
放っておくとボロボロになり、歩くたびに痛みが走るほど進行する場合があります。


人の爪の寿命は、一般的に6ヶ月程度が生え変わりのスパンだと言われます。
つまり、水虫を完治させるには最低でも6ヶ月程度はかかるでしょう。
自覚症状がある人は、皮膚科で診断しアドバイスをもらいましょう。

【ホームページ】
»足の水虫くん

PR:育毛

copyright 2010 足の水虫くん All Rights Reserved