趾間型水虫 

« リンク集その1 | メイン | 角質増殖型水虫 »

【趾間型水虫】

自宅で水虫治療するんだったらコレが良いです!
爪水虫に塗り薬?Dr.G's クリアネイル

趾間型水虫(しかんがたみずむし)とは、足指の間に出来る水虫のことを言います。
趾間とは、足の指の間を意味します。
趾間型水虫とは、薬指と小指の間に出来るパターンが多いようです。


理由は一番湿りやすいからです。
水虫は、湿度が高く群れやすい部位を好みます。


私の場合、最初は足まめのような状態で発生しました。
最初は、水虫かもしれないと思いながらも様子見をしていました。


すると、どんどん痒みが発生し、皮膚もジュクジュク状態になりました。
臭みも出てきました。


その後、私は近くの医者に観てもらったのですが、なんと水虫ではなかったのです。
汗疱(かんぽう)という水虫に似た症状だったのです。
水虫だと言って診せに来る人の半分以上は水虫ではないそうです。
症状が非常に似ているため、すぐに水虫だと決め付ける人が多いようです。


水虫と汗疱(かんぽう)では、治療する薬も違います。
間違って水虫の薬を買うところでしたが、お医者さん曰く、水虫でもないのに水虫の薬を使うことは返って逆効果になりかねないそうです。


趾間型水虫かも知れないと思われる方。
本当にそれは水虫なのでしょうか?
医者でも肉眼では判断が付きにくいないそうです。


趾間型水虫らしき症状がある方は、まずは医者に診てもらうことをお勧めします。
間違った素人判断での治療は、逆効果になりかねません。

【ホームページ】
»足の水虫くん

PR:育毛

copyright 2010 足の水虫くん All Rights Reserved